トレード結果

FX初心者における大切な基礎、ダウ理論とは?

ダウ理論とは

FXには、勝つためにいくつも理論や手法があります。その中のひとつが、ダウ理論というものです。
これは、チャールズ・ダウが提唱した、市場での値動きを評価するための理論のことです。

ダウ理論には、基本原則が6つあります。

  1. 平均はすべての事象を織り込む。
  2. トレンドには3種類ある。
  3. 主要トレンドは3段階からなる。
  4. 平均は相互に確認されなければならない。
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない。
  6. トレンドは転換の明白なシグナルが出るまで継続する。

では、一つずつ解説していきます。

平均はすべての事象を織り込む。

需要と供給に影響を及ぼす全ての要因は、市場平均に反映されています。
それは、いつ起こるかわからない地震や、台風等の自然災害から、人的な不祥事や、企業の業績不振などといった将来の事柄も、チャートの価格は織り込んで動いているということです。

つまり、将来もすべてを織り込んでチャートは動いているので、わざわざ企業業績などの分析(ファンダメンタル分析)をしなくても、チャート分析に全て反映されているということです。これは全てのテクニカル分析の基本となる考え方です。

トレンドには3種類ある。

ダウは、トレンドを主要トレンド2次的トレンド小トレンドの3種類に分類しました。

主要トレンド

通常1年以上、時には数年間継続する最も大きなトレンドのことです。

2次的トレンド

通常3週間から3か月継続するトレンドのことです。

小トレンド

3週間未満の小さなトレンドのことです。

自分がどのようなトレンドの中にいる状況かによって、異なるトレンドを意識する必要があります。

主要トレンドは3段階からなる。

主要トレンドは、更に3つの段階からなります。
例えば、買いのケースで説明します。(売りの場合は逆と考えてください)

先行期(最初の段階)

まだ多くの人は買いは行わず、先行型の投資家などが買いを行い、徐々に価格の上昇が見られる時期です。
分かりやすい大きな値動きは起こらず、少しずつ始まっていくものなので、予兆を捉えることは難しいです。

追随期(第二段階)

多くのトレーダーが買いを行い、価格が急激に上昇し始めます。
トレンドの多数が市場に参入し始めるので、ここはエントリーをすべきタイミングといえます。

利食い期(第三段階)

投資家が利益確定する時期で、一気に価格の下落が発生する場合があります。
新聞の記事やネット記事も次第に強気に傾き、経済関係ニュースもさらに改善を告げて、思惑的な出来高が増え始めます。

平均は相互に確認されなければいけない。

2つの指標があったとすると、その2つが連動している業種であれば、どちらも同じトレンドを発生していると想定できます。
例えば、新しいスマートフォンが発明されて需要が高まると、それに連動して部品を作る工業も需要が高まる。というようなことが起こると言えます。
その2つ指標が相互に確認できる必要があるという意味です。まったく同じである必要はないが、接近していればしているほどいいとされています。

トレンドは出来高でも確認されなければならない。

法則を簡単に言うと、「出来高は長期トレンドの方向に即して増減する。」ということです。

相場において出来高は、どれだけその相場に多くの参加者がいるのかという指標になります。参加者が多くないとトレンドは生まれません。ですから、テクニカル指標のサインだけではなく、出来高が増えているということが確認できなければ、それはトレンドではない可能性が高いということです。

トレンドは転換の明白なシグナルが出るまで継続する。

活動中のトレンドは、基本的にそのまま活動を続けようとします。明確な転換点がない限り、上昇なら上昇トレンド、下降なら下降トレンドが継続するということです。

しかし限りなく上昇するということはないので、必ずトレンドは転換し、下降トレンドが始まります。
この原則は、トレンド追随型の手法の基本といえます。

まとめ

ダウ理論は世界中で認知されている理論であり、ダウ理論を利用しトレードしている方はかなりの数いると思います。
そこでしっかりとしたダウ理論を知ることで、トレンドの動きが多くの方と共通認識になると思います。
これが重要で、今どのようなトレンドの中で、自分がどういうトレードをしようかということを理解し、判断することが大切であるといえます。